画面にかけるラインマーカー

手書き資料の良いところとして、自由にラインが引けるというものがあります。
「相手にはココに注目をして欲しい」「見落とさないで欲しい!」という思いからラインを引きます。

しかしながら最近の資料作りはパソコンです。
文章作成ソフトならばアンダーラインは引けますが、
地図や図面など全てにおいて引ける場面があるわけではありません。

そんな時に紹介したいツールがあります。
それは「epicpen」
ちょっと見てみましょう。

左側の縦にいろんなアイコンが並んでいるものがepicpenです。
今回は地図に道のりをラインマーカーで引いてみました。こうすることで道のりが分かりやすくなります。

次の画像を見てみましょう。

ピンクや黄色でラインやメモを残してみました。
半透明にするかしないかはペンの種類で切り替えができます。これで誰かに伝えやすくなると思います。

実際の使い方です。ペンを選ぶと通常のマウス操作が出来なくなりますので、
その時は矢印マークをクリックして通常のマウス操作に切り替えます。
また、半透明のラインを引きたい場合は、ペンマークのラインを描くボタンからハイライトペンを選択してください。
そして終了方法はメモ帳マークのメニューをクリックして終了を選択します。
そうしないといつまでも画面に現れ続けますのでご注意を。

機能によっては有償の物がありますが、フリー版でも十分な機能を持っています。
インストールする際は「今はEpic Pen Proを使用しません」という文言を選んでPro版を使用しない選択をしてください。

中々便利なツールですので是非一度、お試しください!

    toyotushin

    株式会社東洋通信がITに関する情報を発信するブログです。

    Related Posts

    スマホを落とした時には

    生活の必需品になっているといっても過言ではないスマートフォン…

    Windows10のサポート終了が近づいています

    事務仕事において使わない日は無いと思われるパソコン。 書類作…

    見逃していませんか?

    スマホを落とした時には

    スマホを落とした時には

    Windows10のサポート終了が近づいています

    Windows10のサポート終了が近づいています

    写真の背景を気軽に消す

    写真の背景を気軽に消す

    QRコード(二次元バーコード)を気軽に作る

    QRコード(二次元バーコード)を気軽に作る

    外出先で役立つ便利なアプリ

    外出先で役立つ便利なアプリ

    メールをAIに代筆させてみる

    メールをAIに代筆させてみる